サイトTOPへK.I.H.S.の特徴 ≫ 驚異の「英語偏差値」上昇率
K.I.H.S.の特徴

驚異の「英語偏差値」上昇率

偏差値の伸び率

K.I.H.S.では、海外の大学へ留学できる総合的英語能力の養成を目指しているため、
話す力・聞く力を重視しつつも、読む力・書く力も大切にしています。
また、一般的な英語科の高校とは違い、全教科の授業を英語で行い、英語で物事を考える習慣を
身につけるため、「生きた英語」の習得が目指せます。

K.I.H.S.に入学する生徒は
そもそも英語の偏差値がよいのですか?

入学時の英語偏差値については、広がりがあります。平均的な生徒、中学英語の基礎を学び直す必要のある生徒、帰国生のように英語がかなりできる生徒が入学します。英語の授業は、習熟度別クラス編成で行っていますので、英語力が高い生徒は上のクラスで学びます。一方、努力が必要な生徒は下のクラスで基礎からみっちり学びます。少人数の丁寧な指導で英語力を鍛えますので、本校で2年間学べば偏差値(※) は大阪府下の高校の中でトップレベルになります。
※卒業までに4回受験する進研模試の偏差値(学年平均)

K.I.H.S.と他のインターナショナルスクールとの
教育システムの違いについて教えてください。

一般のインターナショナルスクールは、例えば英語系の学校であれば、原則として英語だけで授業を行います。本校の場合、外国人教員が英語で行う授業が多い反面、日本人教員は日本語で、時には英語で授業を行います。英語と日本語の両言語による本校独自の教育システムで、国内の中学校を卒業した生徒も無理なく学ぶことができます。もちろん、英語ができる帰国生も英語力を更に伸ばしていきます。

K.I.H.S.と日本の高校との授業の違いについて教えてください。

日本の高校の場合、「英語科」であっても外国人教員が社会科や理科まで授業を担当することはありません。しかし、本校の場合、英語以外の教科も外国人教員が英文教科書を利用して授業を行っております。
日本の高校では、教員が一方的に知識を教える暗記型教育が標準です。しかし、本校では欧米圏で一般的なディスカッション・プレゼンを取り入れた問題発見・解決型教育を行っています。日本が直面するグローバル社会を生き抜く人を育成するためです。

K.I.H.S.はイマージョン教育というものを導入されています。
この教育はどのようなものですか?

イマージョン教育とは、例えば英語イマージョンであれば、英語にどっぷり浸かり英語で学ぶ教育です。英語で理解し英語で考える「英語脳」を作るためです。本校の場合は正確に言うと、英語と日本語の両言語による「英語セミ・イマージョン教育」です。目的は二つあります。一つは「英語脳」を作ることです。二つ目は国内生であっても高校レベルの授業を理解できるようにすることです。イマージョン教育のおかげで、本人の努力にもよりますが本校卒業までに英語をかなり話せるようになります。

お気軽にお問い合わせください。TEL06-6621-8108 お問い合わせはこちら。資料請求はこちら。

≫プライバシーポリシー

≫リンク

≫学校評価

≫情報公開

≫いじめ防止基本方針

≫学校概要

このページのトップへ