サイトTOPへ学校案内メッセージ ≫ 帰国生から
学校案内

帰国生からのメッセージ

私がKIHSを選んだ理由は、ネイティヴの先生の授業が半分近くを占めると聞いたからです。最初はグローバル科や国際科の公立高校に行こうと思っていたのですが、KIHSのオープンキャンパスに参加し、先生が生徒に一方的に教えるだけでなく、生徒が全員で参加する英会話の様な授業だったのが他の学校とは違うと思いました。
KIHSに入学して1番良かったなと思ったのは、英語科目の次に多い科目が、国際理解や国際関係などの科目だということです。私は英語を勉強するために入学したにもかかわらず、今は国際的な事も共に学べてまさにグローバル人材を育成する学校だと思います。模擬国連などの本格的な行事もあるため日々世界について学べます。
英語の授業はネイティヴの先生が教えるため、先生とだけではなくクラスメイトとも英語で話せる環境が英語の伸びに繋がると思います。英語のクラスは、学年の始めに自分にあったレベルに振り分けられるので、この点も安心できます。
私はKIHSに入学するまでは英語しか取り柄がなく、英語が活かせる仕事ならなんでもいいと思っていました。しかし、今は英語と国際関係の知識を活かし、世界で起きている問題を解決する手助けになることが私の夢になりました。KIHSに入学したおかげで人間としても成長でき、自分の可能性を広げられた気がします。

第3学年 森きなり
貝塚市立第一中学校(大阪府)出身

 


私の名前は古林大輝です。趣味はギターと歌で、今は関西学院大学総合政策学部で軽音サークルに所属しています。今学期、フランス語とドイツ語を同時進行で履修し、どちらの言語もかなり興味深いことに気づきました。私は英語が得意なので、これらの言語二つとも学びやすく、これからも勉強を続けたいと思っています。

さて、私がKIHSを選んだ理由は、KIHSは少人数制で、加えて英語に力を入れていたからです。私はあまり社交的な性格を持っていなかったので、生徒数があまり多いと仲良くなることが難しいと思いました。このため少人数制という面に惹かれました。また、当時留学帰りで帰国子女だった私は英語を続けたかったので、英語を学ぶ機会が欲しかったことも大きな理由です。

私はKIHSを選んで良かったと思います。なぜなら、少人数制なのでみんなと仲良くなりやすく、居心地が良かったからです。そのおかげで今では大学で色んな人にためらいなく話しかけられるフレンドリーな人になったと思います。また、外国人教員が英語で授業をする機会も多かったので、リスニング力やスピーキング力の向上につながったと思います。

私は動物が大好きなので、将来は動物と関われる仕事に就きたいと思っています。動物保護などに興味があり、いつかイエローストーン国立公園など世界の有名な国立公園に行きたいと思います。また、芸能活動などにも興味があり、最近は色々なプロダクションのオーディションに応募しています。こういう挑戦できるのは若い今しかないと思っているからです。 最後にKIHSでの学校生活は私の暗い性格を明るいものに変えてくれたもので、とても貴重なものだったと思います。

古林大輝
関西学院大学総合政策学部へ進学 Langley Secondary School(カナダ)より第2学年に編入

 


僕の両親は父はイタリア人で、母は日本人で、僕はオーストラリアで産まれました。5歳まで英語の環境で育ち、以後は日本で生活しています。家庭では英語も使っています。中学校卒業までは日本の一般的な学校で学んだため、僕は日本の文化を自分の環境から学びました。

KIHSのオープンキャンパスに参加して英語の体験授業を受けたとき、ここで学びたい、僕に必要な学びがここにあると思い、KIHSを受験しました。

KIHSで学び始めて感じることは、毎日少しずつ確実に自分の英語力が上がっていることです。また、ネイティブの先生の授業、そして経験豊かな日本人の先生方の授業は、中学校までは経験することがなかった楽しい授業で、基礎からじっくり教えてくれます。少人数だから、1人ひとりを尊重してくれます。気が抜けない環境だからこそ、KIHSでの高校生活は充実したものになると思います。現時点では、通訳の資格を取得したいと思っています。将来の理想の僕に近づいている毎日です。


第一学年 ロベルティ・ジャンニ
和泉市立南池田中学校(大阪府)出身

 


 私は現在、立命館大学経営学部に通っています。KIHSでは勉強だけでなく、社会問題や人間関係、コミュニケーションスキルも学ぶことができました。 当初の私は親にすすめられてKIHSへの入学を決めたので、ほかの生徒とは違い、何か大きな目的があったわけではありませんでした。私たちの学年は過去最大の生徒数できっと先生方も大変だったと思いますが、3年間を過ごしていつのまにか、みんながただのクラスメイトではなく「仲間」に変わっていました。
1年生の夏、オーストラリアのホームステイではみんなとの距離が縮まりました。
「模擬国連」という行事では、1、2年生の時に先輩が英語で議論している様子に正直全く意味がわかりませんでした。こんなことを自分にできるのか疑問で、KIHSで一番体験したくない行事でした。しかし、3年生になり、自分たちが「模擬国連」の主役になった時、みんなで築いたチームワークと3年間で習得した英語力を活かし、過去の自分では考えられないような経験をたくさんしていました。今では、一番楽しかった思い出に残る行事といえます。
普通の高校に比べたら違うところが多く、生徒数が少ないので同じ学年で知らない顔はありません。先輩後輩もみんなが仲の良い、いわゆる理想の学校でした。私は学校生活を過ごしていくうちに気づいたら、この学校がとても好きになっていました。 現在、私は大学の経営学部で国際経営学を学んでいます。KIHSでの経験も活かし、私は将来、起業したいと考えています。大学に入って、先生たちが今までどれほど私たちのためにして下さっていたのか気づきました。この貴重な3年間を経験させてくれた友だち、先生、そして親に感謝しています。

西村優菜
立命館大学経営学部へ進学 吹田市立西山田中学校(大阪府)出身


立命館大学の経営学部、国際経営学科に進学したイディリス・ハルーンです。今、大学で色んな人と繋(つな)がり、様々な視点から経営を学んでいます。フランス語も勉強しています。
私は、小学5年生から中学2年生まで父の母国であるガーナで過ごしました。日本に帰ってきた後も、続けて英語を勉強したいと思っていました。このため、英語に重点を置いている高校を探していたところ、このKIHSを見つけ、「ここだ!」と思って入学しました。 KIHSでは英語の授業が多く、英語の授業に限らず社会科やサイエンスも英語で学ぶので、国際問題や地理、世界史、科学など幅広く色んな分野の英語に触れることができました。このような環境は私にはとても新鮮で、自分が好きな分野を英語で学ぶうちに、よりいっそう英語に興味を持つようになりました。授業も少人数クラスなので、先生が生徒一人ひとりの声に耳を傾けてくれます。国際問題についてクラス全体で討論する授業もあり、自分の意見に賛成する人や反対する人もいて、自分とは違った意見から新たな視点を得ることができました。クラス全員がアイデアを共有することができたことも良かったと思います。この環境が、自分の意見を持ち、その意見を主張するという“力”を私に与えてくれました。
私はKIHSの国際的な授業を通して、もう1つの母国であるガーナの現状に目を向けるようになりました。私の夢は、今学んでいる経営を活かし、ガーナでコンサルタントとなって様々な分野で起業を促し、ガーナの発展につなげることです。

イディリス・ハルーン
立命館大学経営学部へ進学 和泉市立和泉中学校(大阪府)出身


2年間のカナダ留学から帰国したのち、私はKIHSに編入しました。日本に帰国した後も英語を続けたいという強い気持ちがあったためです。
KIHSを選んだ1番の理由は、「生きた英語」で授業が行われていることでした。多国籍のネイティヴの先生による授業はいつも楽しくて、学ぶ事がたくさんありました。スピーキングやリスニングの力が自然と身についたのもネイティヴの先生たちによる本場の英語で行われる授業のおかげです。TOEICの点数もぐんぐんと上がり、大学ではトップクラスの英語クラスに入ることができました。
少人数で行われる授業は先生と生徒の距離が近いので、みんな積極的に授業に参加できました。生徒一人ひとりの個性を引き出し、個性を伸ばす授業カリキュラムはKIHSの良いところの一つです。英語のクラスはレベル別で分けられているので、自分の実力に合った授業を受けることができました。少人数制の学校だからこそKIHSの生徒は上下関係なくみんな仲良しです。海外研修、スポーツデー、MUNなどイベントを通じて話したことがなかった人達と仲良くなるチャンスがたくさんありました。同じように英語が好きな仲間は、私にとってモチベーションを上げてくれる存在でした。
KIHSで学んだ2年間は、今の私に大いに影響を与えています。私は現在、アメリカ・カナダに日本食品を輸出する貿易会社で働いています。KIHSで培った英語力を活かして、将来的には海外出張・通訳をして会社に貢献したいと考えています。KIHSの生徒として学んだ経験は、私の学生生活で1番大切で貴重な思い出となっています。将来海外に行きたい、そして刺激的な高校生活を送りたい生徒にはぴったりの学校です!

水野彩加
関西外国語大学外国語学部へ進学 Rothesay Netherwood School(カナダ)より第二学年に編入

 


留学から帰ってきて、さらに英語力に磨きをかけたいと思っていた私にとってK.I.H.S.は最適な環境でした。

ネイティブの先生による授業が多く、海外の教科書を使って英語で専門的な学習も行うので、より深く英語を身につけることができました。ネイティブ並に英語を使いこなせる子から、留学経験が全くない子までいるので、K.I.H.S.ではそれぞれのレベルに合わせて英語を学ぶことができます。お互いに刺激し合いながらも、それぞれのペースで学習できる環境です。

また、英語以外にも、これからの国際社会を意識した授業もあるので、K.I.H.S.でしか得られない貴重な知識をつけることができました。将来国際舞台で活躍したいと思っている私にとって、すごく興味深い授業ばかりでした。

3年生になると、大学を意識した、授業スタイルや課題が出されるので、大学に入った今でも、高校時代とのギャップをほとんど感じていません。すんなりと大学生活に適応できたのも、K.I.H.S.のおかげだと強く感じています。

K.I.H.S.に行っていなければ、志望大学に合格することもできなかったし、英検やTOEFLなどで良い結果を残すことはできませんでした。高校時代から、国際人になるための知識や経験を得ることができて、とても充実した最高な高校生活でした。K.I.H.S.は、まさに「英語」「国際的」などの言葉が似合う学校です。


私は2011年4月より関西学院大学総合政策学部に通っています。ここで私は英語を重点的に勉強して、将来国際社会に出るための基礎を学んでいます。

大学に入学してまず感じたことは、周りとの英語力の圧倒的な差です。他校で英語を精力的に学んできた人たちと比べても、K.I.H.S.で学んだおかげで英語力が高いため、すぐに大学の授業にもついていけるようになりました。特に、英会話の力はK.I.H.S.で学んだおかげで断然つきました。

また、K.I.H.S.では少人数制のため、普段の授業で発言する機会が数多くありました。外国人の先生と触れ合うことも必然的に多くなり、会話を通じて自身の英語力向上を常に実感でき、それがまた英語学習を継続するためのモチベーションアップになるのも大きな魅力です。基本的に大学の勉強は自主的に行うことが求められるので、学ぶ意欲のない人やモチベーションの低い人にはついていけなくなります。しかし、K.I.H.S.で自ら発言することに慣れていた私は、大学でも常日頃から授業で積極的に発言しています。このようにK.I.H.S.では英語だけでなく、学ぶ者、一学生として大きく成長できたと思います。

K.I.H.S.は国際問題を学ぶことについても力を入れています。従って、大学受験の面接で聞かれた内容は、普段の授業でほぼ完ぺきにカバーしていました。実際、大学で学ぶような難しい内容も、高校時代にすでに学ぶことができました

将来英語にまつわる仕事がしたい、他校ではなかなか養うことのできない英語力を養っておきたい、そして何よりも「英語が大好きだ!」という人にはK.I.H.S.をお勧めします。


私の行っている学部では、週に4回ネイティブの先生の英語の授業があります。授業中は英語だけしか使えません。しかし、K.I.H.S.でのネイティブの授業と同じような感じなので、戸惑うことなく授業に取り組むことができています。さらに、3年生の6月に参加する模擬国連での経験やそれに向けた授業の内容は、大学での課題等にも出ている内容です。K.I.H.S.であらかじめ習っていたおかげで、難なくこなせています。

K.I.H.S.の良いところは、先生たちが生徒に対して熱心ということだと思います。生徒の人数が少ないため、先生と生徒の距離が近いです。大学進学の事など相談すると、細かいところまで調べて教えてくださいました。知識の豊富な先生が多いので、自分の可能性を広げてもらえると思います。受験前になると、放課後遅い時間まで勉強を教えてくださいました。ですから、合格できる確率が低いと言われていた大学に合格することができました。

K.I.H.S.で少人数に慣れていたので、大学に入った当初は人の多さにただただびっくりしていました。けれども、最近は徐々に慣れてきて新しい友達もでき、楽しい大学生活を送っています。K.I.H.S.に入学したから今の私があると思っています。K.I.H.S.に入る前は、大学に進学できるなんて思っていませんでした。先生方や友達にはとても感謝しています。K.I.H.S.を選んで良かったと思っています。


1年半くらいカナダに留学していた私は、日本に帰国後、海外で身に付けた能力をこのまま活かさないのはもったいないと思い、K.I.H.S.に入学しました。
入学当初は友達と上手くコミュニケーションがとれるか心配でしたが、友達に恵まれ、先生方にも良くしてもらい、残りの高校生活すごく充実した1年半でした。

K.I.H.S.の魅力はやはり少人数で、実践的な英語が他の学校よりもたくさん学べるという所です。社会や理科なども英語で授業を行うのもこの学校の魅力かも知れません。英語が得意、不得意関係なく、マイペースに英語力を確実に身につけることができると思います。

卒業後の進路では、なかなか前に進めず迷っていた私が、今こうやって自分の進みたい道に一歩ステップアップできたのは、親身になって先生方が相談に乗ってくれたおかげだと思い、ほんとうに感謝しています。大学では服飾関係の学部に入学し、毎日すごく忙しいですが、とても充実した大学生活を送っています。

私は将来ファッションデザイナーになりたいと思っていますが、その過程でこの学校で学んだことは確実に活かされるだろうと思います。将来何をするにせよ、この学校に入学すると、必ず視野や世界観が大きく広がると思います。私はこの学校で、本当に自分は何がしたいか、どうなりたいか、というのを考え、"自分"をしっかり見つめ直すことができました。やはりそういった環境が整っている所はここにしかないと私は卒業後、改めてすごく感心します。

幼稚園、小学校、中学校、カナダ留学と、いろいろ経験してきましたが、K.I.H.S.での1年半といった、とても短い学校生活が1番楽しかったです。私にとってK.I.H.S.での学校生活は本当にかけがえのない思い出です。


幼少期、アメリカに住んでいた私は、日本に帰ってから英語を忘れないようにECCに通ったりしていましたが、中学校の英語は文法が難しく、全然面白くありませんでした。 K.I.H.S.に入学し、ネィティブの先生の授業を小人数制で受けるため、英語が身近に感じられ、楽しくなりました。

中学と違い、英語の授業が多く、生の英語に触れるのでとても生き生きとした授業でした。英語に触れる時間がとても多いのですが、飽きません。また、小人数制なので友達や後輩、先生と仲良くなれました。わからない事があれば、教えあったり助け合ったりして、先生も丁寧に教えてくれて、楽しく勉強することができました。

全校生徒で行く海外研修旅行、模擬国連など、普通の高校では体験できない事をたくさん経験できて良い思い出となりました。

K.I.H.S.でのいろんな経験のおかげで、大学の授業はそんなに難しいわけではなく、ネィティブの授業はK.I.H.S.よりも簡単に思います。 K.I.H.S. で国際理解やエリア・スタディなどいろいろなことを学んだおかげで、みんなの知らない事まで知っているので、非常に役にたっています。

K.I.H.S.の3年間は本当に楽しくて、私にとっては最高の学生生活でした。英語を学ぶ楽しさを味わえた3年間でした。


中学校時代、海外や異文化コミニケーションについてとても興味がありましたが、英語の成績は毎回落第もので、学ぼうと努力しても一向に身につかない英語にいら立ち、嫌悪した時期もありました。

しかし、確かな英語を身につけたいという思いからK.I.H.S.に入学しました。当時はあまり意識しませんでしたが、大学に入ってからK.I.H.S.の学習環境がどれだけ助けになっていたかがわかります。英会話の授業だけでなく、ネイティブの先生が理科や社会などを英語で行う授業が多いのでリスニング力は勝手に身につきましたし、ディスカッション、スピーチ、ライティングなど、自分の考えを英語で伝えるという実践的な機会の多さは日本のどの高校よりも多いと思います。

そのおかげで3年生にもなると英語だけでなく日本語でも考えて表現、発表する力が大幅に伸びたと実感できました。

また、校外学習の回数も多く、高校生という多感な時期にたくさんの自然体験、文化学習、海外研修ができたことで自分の視野や世界が大きく広がりました。これは室内でただ勉強するだけでは得られなかったと思います。

広い世界観と確かな実力を身につけるためには個人の力も確かにありますが、それ以上にそれができる環境も必要です。少人数制だからこそ実現できる、本当の意味で無駄をなくし、生徒の力になるものを提供してくれたK.I.H.S.はまさに教育を受ける環境として最高だったと感じています。


私は中学校を卒業後、オーストラリアへ約1年半留学し、その後K.I.H.S.に編入しました。2年生後期からの編入だったため、不安が多く、編入する間際までいろいろな点で悩んでいました。

しかし、いざK.I.H.S.の授業に参加してみると、そんな不安はすべてなくなってしまいました。クラスは、とてもフレンドリーで個性豊かな生徒ばかりだったので、本当になじみやすい環境でした。授業も少人数制ということもあってか、途中から入った私も遅れることなくすぐにキャッチアップすることができました。それに加えて、ネイティブの先生方の授業が多く、オーストラリアから帰国したばかりの私にとっては英語を忘れないようにする、そして伸ばしていくにはとても良い環境だったと思います。

また、英語のクラスは学年に関係なく、英語の能力によってレベル分けされていたので、自分にあったクラスで、同じレベルの仲間と一緒に学ぶことができたのはとても良かったと思います。

先生方は、生徒に対してとても協力的で授業に対する質問や進路を含め、親身になっていろいろな相談事にのってくれる方々ばかりだったので、私たち生徒は先生方をお母さんやお父さんのように慕っていました。また、ネイティブの先生方は陽気な方が多く、私たちは友達のように親しく接することができたので授業中はもちろん、休憩時間中でもネイティブの先生方とよく話をしました。こんな環境だったので、自然に英語に親しみ、学ぶことができたのだと思います。

K.I.H.S.の授業のおかげで大学受験にも十分に対応できました。私は、スペイン語を学びたくて関西外国語大学に進学しました。大学の授業でも、K.I.H.S.で学んだことがとても活かされています。私は、オーストラリアからの帰国に際していろいろ悩みましたが、K.I.H.S.に編入して、充実した高校生活を送ることができました。


お気軽にお問い合わせください。TEL06-6621-8108 お問い合わせはこちら。資料請求はこちら。

≫プライバシーポリシー

≫リンク

≫学校評価

≫情報公開

≫いじめ防止基本方針

≫学校概要

このページのトップへ